債務整理のお悩み110番

住宅ローンや奨学金、毎月の借金返済に悩んでいる方へ。自己破産だけじゃない、円満解決の道をご案内します。

*

借りては返すを繰り返した結果が債務150万

      2015/08/24

男性(30代/製造業)

Q. 借金した時期や理由、そのときの状況について教えてください。

A. 最初は、20代中頃だったと思います。

いわゆる、交遊費が足りずに2万円ほど消費者金融から借りました。

次月の給料ですぐに全額返してました。

それを数回繰り返してる内に段々と自分の銀行口座の様な錯覚に落ちいり・・・

金額も数万円が数十万円になりボーナス時などに一括返済したりしましたが、気がつけば、最大で150万円程になってました。借りては返す・・・

借りては、返す。借りては、返す。で、また、借りる。

気がつけば、どんどん金額は膨らみました。

利息を払うだけで精一杯な状態です。

返済が数万円だとどーにかしてその金額を返済するとそこから利息分を引かれた金額は、また、利用可能な金額になるんです。

それを繰り返してる内に・・・気がつけば150万です。

私の場合は、2社から借入があり、50万と100万です。

 

Q. 借金返済にあたり、困ったことやトラブルなどを教えてください。

A. 現在、50万の方は、毎月引き落としで4万円弱返済しています。

しかし、100万円の方は、その場しのぎな返済になってるのが事実です。

任意整理等も調べたりしました。

が、やはり なかなか踏み出せないというのが現状です。

結局は、借金をするという事は、身の丈にあった生活をしていないと言う事なんです。 気づくのが遅いんですが。。。

なので、まずは身の丈にあった生活をする様に腹をくくる事。

もっと言えば、他の人より借金がある分身の丈以下の生活をしないといけません。

完済を目指すにあたっての絶対条件は、借りない事。

当たり前の様でかなり難しく辛い事です。

例えば、毎月3万円借金をしてた人が新たな借入をしないで毎月返済しようとしたら、利息もあるので毎月4万円弱返済しないといけません。

つまりは、毎月借入てた3万円と返済の4万円で毎月の出費は7万円になるイメージを持った方がいいです。

これが身の丈以下と言う事です。

 


 

checkATMでキャッシングするときの「自分の銀行口座からお金を引き出すような感覚」は、借り慣れしてくると多くの人が陥りがちな罠です。

借りた分は収入ではなく支出ということを忘れず、しっかりと返済計画を立てることが必要です。

 

 - ■事例・FAQ, 体験談(借金)