債務整理のお悩み110番

住宅ローンや奨学金、毎月の借金返済に悩んでいる方へ。自己破産だけじゃない、円満解決の道をご案内します。

*

あなたに合った債務整理は?

 

債務整理は自己破産だけじゃない

債務整理という言葉を聞くと、真っ先に自己破産を思い浮かべる方が多いでしょう。

かつての私もそうでした。

自己破産すると自由に旅行にもいけず、会社もクビになり、家族や友人も離れて行き、寂しい生活が待っている・・・そんな暗いイメージしかありませんでした。

返済が厳しくなってくると、まじめな人ほど責任感に苦しめられます。

収入が増える見込みもないし、親族や友人に迷惑をかけるわけにはいかない、なにより無計画に借りて返済不能に陥っている自分が情けなくて恥ずかしい・・・。

債務整理に悩む人

もう返せないと思いつめて自殺に追いやられてしまう方々も後をたちません。

「借りたものは返すのが当たり前」という考えがほとんどの日本人の身に染み付いているからです。

けれど、返済能力を超えているのにどんどん限度額を増やしてゆき、さらに貸し付ける貸金業者にも責任があると私は思います。

しかも法定利息を超えた金利を設定して儲けている会社がほとんどです。

でも安心してください。

日本には債務者を救済する制度が確立されています。

実際の債務整理の方法は自己破産だけではありません。

債務整理には大きく分けて以下の4つの種類があります。

・特定調停

・任意整理

・個人再生

・自己破産

借金がすべてなくなる自己破産の他に、月々の返済額を減額する方法、超過して支払った利息を取り戻す方法、将来利息をカットして元本だけを返済する方法など、各々の状況に合わせて様々な方法が選択できます。

このサイトでは私の経験を活かしてそれぞれの債務整理についてわかりやすく説明しています。

それぞれの債務整理の詳しくは各ページをご参照いただければと思います。

実際に自己破産を経験した私が強く思うことは、今現在お金の返済に苦しんでいる人は、債務地獄の底なし沼にはまる前に一刻も早く債務整理をしていただき、新たな人生のスタートを切ってほしいという事です。

すでに底なし沼に沈んでいるという人も、決して手遅れということはありません。

必ず道は開けます。

どれも債務に苦しむ人を救うための法律で保障された方法ですので、なにも恥じることはありません。

私もこの制度に救われたひとりです。

人生のセカンドチャンスは皆に平等に与えられているのです。

 

自分にベストな債務整理の方法を選択する

ひとつ注意してほしいのは、各々の債務状況と経済状況、保有財産などにより、選ぶべき方法が異なるということです。

大まかな目安としては、以下のようになります。

・借金の額が小さく月の返済額を圧縮すれば支払っていける ⇒ 特定調停・任意整理

・借金の額が大きく全額返済が難しい ⇒ 個人民事再生

・住宅ローンを抱えている ⇒ 個人民事再生・任意売却

・借金を返済していくことができない ⇒ 自己破産

これはあくまでも目安なので、債務の内容、借金に至った経緯、どのくらいの期間・どれだけの額を借りているのか、現在どれだけの収入があるのか、住宅ローンがあるのか、持ち家があるのか、家族の状況など細かく見ていく必要があります。

その上で債務整理の方法を決めて手続きを踏んでいくのですが、正直なところ、素人ではどの方法が自分にベストなのかわかりません。

判断を誤ってしまい、かぶらなくてもよい被害を被ってしまうことも考えられます。

私の場合は、友人に紹介してもらった弁護士さんに最初から全てをおまかせしましたが、信頼できる弁護士さんを見つけるのが難しい場合は、こちらをお勧めします。

★街角★

プライバシーにも配慮されており、匿名・無料で利用できるので、自分の進むべき道筋を探るためにはとても便利なサービスだと思います。

私が債務整理を経験した10年前にはこのようなサービスはありませんでした。

これから債務整理を始めようと考えている人、自分の選んだ債務整理の方法が果たしてベストなのかと不安な人、自力で債務整理を進めてきたけど手続きが煩雑すぎて挫折した人、どんな方でも利用できるので、一度専門家の見立てを参考にしてみてはいかがでしょうか。

今後の人生のためにも、ご自身にってベストな債務整理を選択してください。

公開日:
最終更新日:2015/07/24